スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

次回上映会『祝の島』(ほうりのしま)に決定!

シネマニワ上映会、次回作品が決定しました。

映画『祝の島』(ほうりのしま)

祝島-絵-西村-繁男-拡大


1000年前、沖で難破した船を助けたことから
農耕がもたらされ、 子孫が栄え、
現在に至るまでいのちをつないできた小さな島がある。

山口県上関町祝島。
瀬戸内海に浮かぶこの島は、台風が直撃することも多く、
岩だらけの土地には確保できる真水も限られ、
人が暮らしやすい環境とは決していえない。
その中で人々は、海からもたらされる豊穣な恵みに支えられ、
岩山を開墾し、暮らしを営んできた。そして互いに助け合い、
分かちあう共同体としての結びつきが育まれた。
人間の営みが自然の循環の一部であることが、祝島でははっきりと見える。

「海は私たちのいのち」と島の人は言う。
1982年、島の対岸4kmに原子力発電所の建設計画が持ち上がった。
「海と山さえあれば生きていける。だからわしらの代で海は売れん」
という祝島の人々は、
以来28年間反対を続けている。

効率と利益を追い求める社会が生み出した原発。
大きな時間の流れと共にある島の生活。
原発予定地と祝島の集落は、海を挟んで向かい合っている。

1000年先の未来が今の暮らしの続きにあると思うとき、
私たちは何を選ぶのか。
いのちをつなぐ暮らし。
祝島にはそのヒントがたくさん詰まっている。

-----------------------------------------------
2010年/日本/105分

『祝の島』公式HPより引用


 
10月29日から岡山巡回上映されるシネマニワ協力映画『ひかりのおと』とこの『祝の島』、”地域の視点”という意味ですごく共通しているのではないかと思う。纐纈(はなぶさ)あや監督をお招きし、地域というキーワードで皆さんとも一緒に話せたらと思っています。

 日時:2011年9月25日(日)①16:00~ /②18:00~
    19:50~20:30 纐纈(はなぶさ)あや監督来場トーク
 会場:勝山文化往来館ひしお 
   真庭市勝山162-3 0867-44-5880
 料金:1200円 ※監督トーク含みます。
 お問合せ・ご予約:cinemaniwa@gmail.com


hooriAs.jpg

hooriBs.jpg




スポンサーサイト

2011.09.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 上映会のお知らせ

«  | HOME |  »

プロフィール

cinemaniwa

Author:cinemaniwa
映画を発進、真庭から

シネマニワとは岡山県北の真庭で映画の上映、製作をしているグループです。

映画『紅葉』(2008年)


映画『ひかりのおと』(2011年)

映画『新しき民』(2014年)

シネマニワ FACEBOOK

シネマニワ TWITTER

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。